言葉のゲートボールがしたい

スマホアプリ単体でYouTubeライブの配信ができる。

今日そのことを知って、早速試してみた。確か以前は「登録者◯人以上」みたいな制限がついていたはずだけど、俺のチャンネルからでも難なくできた。何人か見にきてくれたので、ピアノやウクレレを弾きながらゆるーい雑談をした。

 

このブログとは違って、YouTubeライブにはコメントがつく。中々楽しい。その場で即座にリアクションが返ってくるの、良い。

視聴者側にとっては、気楽に言葉を投げやすい。時間の経過で勝手に流れてくれるし、相手にそれほど気を使う必要が無いからだ。

 

これがSNSだと、どうでもいい内容ほど送りづらくなる。「あーわかる」と思った全ての投稿に「あーわかる」とリプライを送っていたら、自動Botか完全にヤバい人だと思われるだろう。

Twitterとかもっと気楽にコメントを送れるシステムがあればいいんだけど、ちょっとすぐには思い付かない。アンケート機能くらいの軽さで匿名の入力フォームを設置できるとか?すげー陰湿な誹謗中傷とか来そうだな。いま流行りのSarahahもそういうの問題になってるらしいし。ところであれはなんて読むの?

 

そういう意味では、最初から殺伐としてる前提の匿名掲示板が最強かもしれない。SNSの「いいね」より、5chの「>>◯ これ」の方が嬉しかったりするし。

やっぱり長い間生き残ってるサービスは強い。