【自作Chrome拡張】YouTubeライブの字幕をリアルタイムで生成する「LiveJimaku」

3ヶ月ぶり9本目のChrome拡張機能を公開した。

名前は「LiveJimaku」

これをChromeに追加すると、有志の視聴者がリアルタイム翻訳したコメントなどを映像の上に字幕として表示することができる。

意味がわからない人にはこれから説明しますね。

 

 

この動画のように、海外ニキの多い配信では配信者が何を喋っているのかをリアルタイム翻訳してコメントを流してくれるユーザーが現れることが多い。(ここでは翻訳ニキと呼ぶ)

翻訳ニキのコメントは通常、他のチャットと共に流れていってしまうが、それを字幕として見やすく表示してくれるのがこの拡張機能。

 

 

そういう文化があるということはずっと前から知っていて(普通に見てたら流れてくるので)、「日本語がわからなくても楽しめてて良いな〜」とか呑気に思っていたんだけれど、これがVtuber先進国民の想像力が欠如した愚かな決めつけであったことにようやく気が付いたので、急遽こういうものを開発することに。

 

直接のきっかけとなったのはVtuberグループ「ホロライブEN」のデビュー&躍進。

 

彼女らは英語話者なので、我々日本人はこの配信において”日本ニキ”となる。

そして、その配信の中で日本語に訳されたコメントが流れてくるのを見かけたんだけれど、それを見て愕然とした。

 

 

流れるの速すぎて読めないが。

動体視力のトレーニングか??

 

 

そう、滅茶苦茶な速度でどっか行ってしまう翻訳コメントをひとつひとつ読むのは至難の業なのである。

 

これは早急に誰かがなんとかしないといけない……ということで、何故かそういうのに慣れている俺が手を挙げることに――という流れだった。

いや〜、本当に”そっち側”の立場になってみないとわからないものですね。

 

ちなみにこれは0からひとりで開発してリリースしたわけではなくて、ころんさんのChrome拡張「みんなよう見とる」のコードを参考にさせてもらったり、ストアページの翻訳をちゃんぽんさんに手伝ってもらったりと、大いに他人の力を借りている。

というか、そもそも誰かが翻訳ニキをやってくれていないと成り立たないシステムなので、本当に彼らには頭が上がらない。俺には真似できないので。

 

それと、リリースした翌日にTripingPCさんFirefoxに移植してくれたのも熱かった。

これは英語でやりとりしたんだけれど、共通言語が専門用語なので逆にやりやすかった。

 

あとはRTとかで回してくれたみんなもありがとう。

特に白上フブキちゃん。

唐突にメンション送ったのに快く対応してくれてありがとうございました。

 

 

という感じで、劇場版か?ってくらい色んな要素が詰まった開発でした。

 

あとは誰か、Ninomae Ina’nisちゃんの配信で和訳コメントお願いします。

それで初めてこの機能は”完成”するので。

■追記

 

これまでに開発したやつのまとめはこちら

更新情報をチェックする↑
この記事をシェアする↓