【動画】バーチャルバンドが「4分33秒」演奏してみた【半熟UFO】

エイプリルフールのネタとして、YouTubeに静止画を投稿した。

それがこちら。

 

【超絶技巧】バーチャルバンドが「4分33秒」演奏してみた【半熟UFO】

半熟UFOのチャンネルはこちら

 

「4分33秒」は現代音楽と呼ばれるカテゴリーの作品で、アメリカの作曲家ジョン・ケージが1952年に発表した。その楽譜には一切の音符が書かれておらず、無音の音楽として知られている。つまり、演奏をしないのが演奏という、まさにジョークのような曲だ。

何の準備もしないまま今年のエイプリルフールを迎えてしまった俺には、これくらいしかできることがなかった。いや、実を言うともうひとつネタがあって、「実写の俺が普通にYouTuberっぽいことをする」というものだったんだけれど、流石にひんしゅくを買いそうなので止めておいた。

 

インターネットではかなり古くからエイプリルフールをネタに楽しむ文化があるけれど、Vtuberたちのそれは、特に力が入っているように感じる。TwitterやブログでVtuberに関する情報を日々まとめているうぇるあめ氏の作った「Vtuberエイプリルフールまとめ2019」を見てもらえれば、どのくらいの熱量があったかを感じ取ることができるだろう。※この記事は現時点ではまだ執筆途中で、順次更新される予定。

俺は普段あまり他のVtuberと絡んだり企画に参加するタイプではないので、こういった機会に輪の中に入って一緒に何かやるというのは「お祭りに参加してる感」があって中々よかった。

 

最後に、曲のことを全く知らずに動画を開いてしまった方々、ごめんなさい!

この記事をシェア↓
Vtuberやってます↓ 半熟UFOバナー