深層を包み隠さず打ち開ける

物凄く漠然としてるけど、「パッケージ」という概念が好きだ。

デジタル大辞泉の解説によると、それはこういう意味で使われている。

 包むこと。荷造り。包装。特に商品の包装やそのための容器。
 ひとまとめにすること。一括して処理すること。また、そのもの。

これの2の方のパッケージが好き。もう性癖と言っていいレベル。

 

最近特にそれを意識したのは、npmのコマンドを打ってるとき。

これはJavaScriptというプログラミング言語のモジュール(要するに追加機能のこと。パッケージとも言う)を組み込むときに使うんだけど、これさえあればwebpackもBabelもgulpもESLintもVueも、たった1行のコマンドで導入することができる。死ぬほど便利な道具だ。

 

いまこの記事を書くのに使ってるMacBook Airも、ある種のパッケージだ。その中で動いてるmacOSも、Chromeも、このサイトのドメインであるnull.styleも、そこで動いてるWordPressも、全部パッケージ。そんで全部好き。

 

パッケージはなるべく小さくてシンプルなほうがいい。

それでいて高性能とか多機能を両立できていればなお良い。

 

スマホは凄く好き。手の中に収まって死ぬほど多機能だから。電子レンジは普通。冷蔵庫は好きじゃない。

自動車や巨大ロボットは嫌い。自分から乗り込まなくちゃいけないのはダメだ。でもキャンピングカーはちょっと好き。移動できる家だと考えれば。

 

映画「君の名は。」は最高だ。あの107分間、特にラスト2分間には新海誠という天才の経験とスキルがぎっちぎちに詰まっている。そもそもアニメというもの自体、総合芸術っぽくて好きだ。

 

音楽だと、ベートーヴェンの9番も同じような理由で好き。「にわか乙」って言われそうだけど、ドイツに滞在してベルリンフィルハーモニーホールでそれを演奏してきた俺は多分にわかとは少し違う。「マウント乙」

 

コントラバス、ピアノ、ドラム、全部好き。何故ならあらゆるジャンルで活躍できるから。

そういう意味ではウクレレはちょっと劣るけど、J-POPくらいなら弾き語りできるし、サイズが小さくて弦が少ないから好き。ついでにも好き。

 

楽器とは少し違うけど、初音ミクが好き。キャラクターとしてはたった数行しか設定が無いのに、数え切れないほどの言葉と旋律と想いを背負って健気に歌ってるから好き。小さな女の子というのもいい。俺も自作曲を公開してるけど、聴くだけよりも歌ってもらった方が魅力がわかる。「マウント乙」

そういえば、VOCALOIDってのは文字通りパッケージだった。初期作品の歌詞にもよく出てくる単語。

 

スポーツならボクシングが好き。「拳だけ」ってのがコンパクトでいいし、それでいて奥が深い。0.5秒のコンビネーションの中に、ヒトの進化の歴史と個人の日々の鍛錬が詰まってる感じがゾクゾクする。人が倒されて終わるのもいい。

昔やってた剣道とかテニスも割りと好き。随分前に辞めちゃったけど。

 

企業ならAlphabet社が好き。Googleの親会社ね。

企業というのは概念だからサイズは無いけど、あらゆる便利なサービスが詰まってるから好き。世界中から飛び抜けて優秀な人間が集まってるという点もグッとくる。

 

概念と言えば、日本語はなかなか良い言語だと思う。漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベット、アラビア数字を同じ文の中で使えて、表現が柔軟で、さらに縦書きにも対応してる。意味の圧縮率も凄い。「water」は「水」だし、「mountain」は「山」だ。そりゃTwitterの仕様も変わるよ。

ただし、使える人が少ないのと、見た目が奇抜なのは難点だと思う。まあ特別感があるとも言えるけど。

 

 

さて、この記事もそんな日本語で書いてるわけだけど、これはまだパッケージになっていない。

これにタイトルを付けて、URLが発行されて、それでようやく完成する。

だから、パッケージ化そのものとも言える「ネーミング」という行為がたまらなく好き。

 

このブログに関して言えば、どんな層に読んでもらいたいかによってタイトルでフィルタリングしてる。どういう分け方をしてるのかは内緒だけど、たくさん記事を読んでる人はなんとなくわかると思う。

自分で完全に納得できるネーミングっていうのは中々難しいんだけど、極稀に、「これしかない」という名前を付けられることがある。「今からは過去の星しか見えない」は、このブログの中で最高だ。フィルターとしての機能も抜群。

 

そしてこの記事のタイトルは、そうだな……