不真面目なマグルでも”魔法”を学べる「テクノロジア魔法学校」

プログラミングスクール「Life is Tech!」が発表した学習教材が凄い。

「テクノロジア魔法学校」といって、なんとあのディズニーとのコラボ。くまモンでもキティちゃんでもなくミッキーマウス。スケールでかいな、ハハッ……

 

公式サイトはこちら。PVはこちら。

 

冒頭では見慣れたディズニーのロゴと、それに続いて現れるLife is Tech!のロゴ。そして唐突に流れ出すPerfumeの音楽とディズニーキャラクターたちの映像。

 

え、なにこれガチのやつじゃん。「ディズニーツムツム」みたいなの想像してたわ。

 

そして気になるお値段が一括128,000円(税別)。

いや、そりゃ高いけどさ、あのPV見たらね。「答えは沈黙」だわ。

 

多分だけどグローバル展開も狙ってるだろうし、ここまで大規模なプログラミング学習教材は日本で初めてだと思う。

国の学習指導要領とか、正直言って全く当てにならないから、こうやって民間企業が本腰入れて取り組むってのは素晴らしいね。しかもゴリゴリのスタートアップ(ベンチャー企業)だし、これは応援したい。

 

個人的に、「キャラクターが勉強を教えてくれる」というのは、あらゆる分野で取り入れるべきだと思っている。

おじさん/おばさんに半強制的に教えられる授業というのは、普段から真面目な子じゃないと真剣に聞く気になれないし、動画教材でもそれは厳しい。でも、自分の好きなキャラクターが教えてくれたら、ちょっとは興味を持つかもしれない。

 

最近だとこの記事で紹介した「Programastar!」とか、他にも「◯◯系バーチャルYouTuber」とかいうのがちらほら増えてきてるから、その辺りもぼんやりと注目している。

2ちゃんねるの「やる夫で学ぶシリーズ」とか、ニコニコの「ゆっくり解説」から発展して、ついに双方向で勉強を教えられるようになったわけで、今後もその流れは絶やさないでほしいなと思う。

 

ただ、先生がエロすぎるってのも、それはそれで勉強に支障をきたしそうだから、男子の欲情を煽らない程度の魅力的なキャラクターでお願いします。

まあディズニーならその辺りは安心ですかね。

この記事をシェア↓
バーチャルYouTuberはじめました↓ 半熟UFOバナー