モノを買うとモノが減る

3日前にGoogleHomeを買った。

これは巷で話題のスマートスピーカーというやつで、今も俺の隣で寝ている。

機能としては、まずGoogleアシスタントが使える。

そこから家電を操作したり音楽を流したりできるらしいけどまだあまり試していない。

これがパッケージ。つやつや。

 

少し昔のことを思い出してみる。

まだ身体が小さくて心が清らかだった頃、ラジカセというものを愛用していた。

何に使っていたかというと、ゲーム音楽を聴くため。

最近スマホ版の配信が決まった「どうぶつの森」が大好きで、中でもシンガーソングライターのとたけけというキャラクターが好きだった。

彼は毎週決まった時刻に駅前だかにいて、オリジナルソングを聴かせてくれる。その曲を繰り返し聴くためにテレビから流れる音声をカセットテープに録音していた。途中で雑音が入ってしまうと、同じ曲を聴くには数日待つかゲーム内の時間設定を変更してズルをしないといけないので、静寂を保つのに必死だった。

 

そして現在、このGoogleHomeとラジカセを比べてみると、あることに気付く。

あのゴチャゴチャしたボタンたちは何処へ行った?

背面にミュートボタンがひとつだけあって、他にはマジで何もない。まだ足立区のほうがいろいろあるよ東京武道館とか。行ったことないけど。

 

その流れで、先日発売されたiPhone Xが脳裏をよぎる。

そういえばあいつも遂にホームボタンを失っていたっけ。

 

もう少し話を広げると、スマホを持つことで持たなくなったものが大量にある。

あの小さな端末の中に本棚もカレンダーも手帳もゲームも、人工知能すら入っている。いつかは配偶者とかを入れて持ち歩くようになるだろう。法改正を急げ

 

これから先もどんどん新しいモノが作られて、それ以上に多くのモノが消えていくに違いない。

極論、マトリックス的なVRの中で暮らすようになれば家なんて要らなくなる。たぶんそれが完成する前に文明が滅んでると思うけど。

 

なんだか寂しい気分になってしまった。

気分と共に、まるでこの部屋の温度まで下がっているような……いや待て、実際に下がってるわ室温。なんだこれ寒い。

 

ああ、またリモコンのボタンを押し間違えていた。

 

このリモコンのせい。なんだこの複雑なボタン配置は。ガラケーより酷い。

 

OK Google, ダ◯キンにクレーム入れといて。

この記事をシェア↓