劇場版SHIROBAKOが観たくて劇場版SHIROBAKOを観にいったら劇場版SHIROBAKOが観れた

2014年放送のアニメ「SHIROBAKO」の新作映画が公開されたので観てきた。

 

※ネタバレ無しで書いていきますが、少しでも情報を入れたくない人はブラウザバックしてください。

 

このアニメは、ちょっとややこしいんだけれど、アニメを作る人々のお話。アニメ制作会社が舞台の群像劇となっていて、テレビ版ではテレビアニメの制作をやっていたんだけれど、今回の劇場版では劇場アニメの制作の話となっている。

 

テレビ版の放送時は毎週楽しみに視聴していて、終わった後もアマプラで全部見返したし、特に16話と23話は何度観たか覚えていない。

秋葉原UDXで開催していた原画展にも足を運んだし、まあとにかく、大好きな作品だ。

これが原画展に展示されていたデスクの写真。すごいリアルなんだよね

 

ただ、今回の劇場版ではちょっと心配な部分があって、映画館で観ようかどうか迷っていたんだけれど、その原因というのがこの予告映像。本当に率直な感想を言うけれど、全然面白くなさそうじゃん……。

 

 

で、ある程度評価が出揃ってから決めようと思っていたんだけれど、なんと俺のフォロワーさんが制作に参加していたことが判明して、それは観にいかなきゃなということで、1800円払って観てきた。

 

 

で、感想なんだけれど、一言で言うと凄く良かった。

例えて言うならば、アニメ版SHIROBAKOの面白いところを2時間ぶっ通しで観続けられるような感じ。それでいて、アニメだったらコストとか尺的に難しそうなシーンもガンガン入れてグリグリ動かしてくれて、そうそうこういうのが観たかったんだよ。っていう、そんな映画になっていた。

綺麗に終わった作品の新作って、下手すると完全な蛇足になっちゃうこともあると思うんだけれど、全然そんなことなくって、ちゃんと宮森たちは生き続けていて、アニメを作り続けていて、その続きが鑑賞できるという喜び。そして、終わった後にはこう思う。もっと観ていたいなと。

 

この映画作ってる時って、京都アニメーションの放火事件があったりとか、色々と業界的にも大変な時期だったと思うんだけれど、日本のアニメーションの未来を明るく照らすような作品に仕上がっていて、なんとなくじーんと来てしまった。

それと、今作の制作ってかなり難航していたっぽくて、スタッフのTwitter見てると、公開1週間前の段階でまだ完成していなかったり、それってSHIROBAKOじゃんという感じでメタ的にも楽しかった。

 

このツイートが公開3日前っていう。

 

というわけで、テレビ版が好きだった人なら絶対に後悔しない作品に仕上がっていると思うので、是非劇場で!という感じです。

え、テレビ版をまだ観ていない?それは今すぐ観なさい全部。

 

🔳3月7日追記:新しいPV来ました。ちゃんと面白そう!

この記事をシェア↓