【短編小説】「セックスしないと出られない部屋ベリーハードモード」のあとがきのあとがき

エイプリルフールのネタとして変な小説を書いた。

 

noteの「あとがき」はこちら

今回はあとがき含めて全部無料で読めます。

 

これ、書こうと思い立ったのが4月1日深夜の4時24分で、書き終わったのが5時40分。何故わかるのかと言うと、Discord鯖の裏垢チャンネルで毎回記録しているから。

塗田一帆 水曜日 04:24 エイプリルフールなぁ…… 前日まで鈴波アミ詰めてたテンションで一発ネタやるの厳しいでしょ いや、できなくはないんだけど、その時間使ってほかのことやったほうがよくない?という問題が 塗田一帆 水曜日 05:40 書き終わった 1時間ちょいか 3800文字 明日冷静に読み返して出せそうだったら出すわ これは人を選ぶなぁ

 

最初の書き込みから気が変わって書き始めたのは、やっぱりフォローしている人たちが色々やっていて楽しそうだったからだと思う。「同じアホなら踊らにゃ損損」という言葉を俺は大事にしているので、それによるもの。

結果的にもの凄く変な小説が作れたので、非常に満足している。これ書けるの、エイプリルフールの深夜のテンションだけでしょって感じで、自分の引き出しをひとつ増やすことに成功した。

数字的には、ネット民かつ創作界隈の人以外には分かりづらい内容&下ネタなので全く伸びないんだけれど、それどころか何人かリムーブされたんだけれど、踊ってみて良かったなぁと。

 

ちなみにその後にあとがきを書き終わったくらいのタイミングで推しのエイプリルフール企画配信がいきなり始まってリアルタイムで視聴することができたので、その辺りも含めて100点のエイプリルフールだった。ありがとう世界。

塗田一帆 水曜日 06:20 名取の配信始まって草 起きててよかった…… 600人しかいない 推しが推しのコスプレ 4月の運使い切ったな。多分コロナで死ぬことになるわ おやすみ世界

 

いや、いま死んだらこれが遺作になるの酷すぎるな。生きよう。

 

Discord鯖の招待リンクはこちら

参加条件はTwitterのフォローなのでよろしく

更新情報をチェックする↑
この記事をシェアする↓