Vtuber用語クイズで堀元見さんを翻弄してきた

「ゆる学徒ハウス」というYouTubeの企画に参加している。

これは「ゆる言語学ラジオ」「ゆるコンピューター科学ラジオ」などを手掛ける堀元見さんのプロデュースで、「自分の得意な学問について喋る新しいパーソナリティを募集します!」というもの。

そこに、何を思ったか「Vtuber学」で応募してみた。

 

これが5分間のデモ動画。

 

で、

どういうわけかこれで一次選考に通ってしまった。

というかそもそも、Vtuber学って何?

わかる人がいたら教えてほしい。

 

続いてこれが今日公開された二次選考の動画。

 

ゆる言語学ラジオ/ゆるコンピューター科学ラジオのリスナーなら、「あ、あの部屋だ!」となると思う。俺はなった。

 

堀元さんと直接会っての収録ということで、何を喋るかだいぶ悩んだんだけれど、堀元さんのVtuberに関する知識レベルが全くわからないという問題点があって、”ひとつの話題で山を張る”というのには怖さがあった。

そこで、どう転んでも大丈夫なように、多角的に語ることのできるクイズ形式をチョイス。

結果的にはちょっと難しすぎたかな?と思いつつ、番組としては成立したのでまあ良しとします。

(これだけ幅持たせればオタクも満足でしょ?)

 

ちなみに、二次選考にてあえなく落選してしまっているので、次の動画というのは出ません。

まあね、そもそもの企画の趣旨と合ってなかったり、あと純粋に俺の力不足もあるので、「妥当な判断〜」という感じ。

ただ、こうやってVtuberについて喋るのは楽しいから、何かそういう機会があれば是非誘ってください。

 

ゆる学徒ハウスYouTubeチャンネル

長編小説「鈴波アミを待っています」好評発売中!よろしくお願いします。
この記事をシェアして応援する↓