「Youに夢中!」で五里霧中

電車の中で記事を書いている。

横浜で開催されたVtuberオンリーの同人即売会「Youに夢中!」の帰りだ。

即売会というのはコミケとかコミティアしか参加したことが無かったんだけど、まぁ似たようなもんだろうと余裕ぶっこいていた。結果、これ以上ないだろってくらいの情弱ムーブをかましてしまった。

 

まず、12時開始のところ、13時過ぎに到着する計算で家を出た。これが全ての元凶である。

電車の中でTwitterを眺めていると、俺が目当てにしていたブースの写真にパセリのように添えられた「完売」の文字が次々と流れてきた。

 

Youは何しに横浜へ?

 

この時点で既に帰りたい。まだ着いてすらいないのに。

いっそのこと横浜で遊んで帰ろうか。誰かオススメの中華街教えてくれ。

そんな重い感情と軽い鞄を抱えながら、どうにか会場に辿り着いた。そして、ここで新たな問題が発生。

 

「カタログは完売です」

 

初めての会場で、入った瞬間迷子。迷子センターの場所すらわからん。誰かいますぐ放送かけてくれ。あるいはあたたかい言葉を。

 

とりあえず隅っこでTwitterとにらめっこしながら、目当てのブースを探してみることに。

しかし、みんな離席中で誰とも会えない。これが西野カナだったら震え過ぎて緊急地震速報流れてるレベル。

 

「もう赤レンガ倉庫でも見て帰ろうか」と、諦めかけたその時、救世主が現れる。

「Oculus Go 体験できます」の手作り看板を掲げたどう見ても一般参加のお兄さん。

 

何をしているのか訊ねると、「布教活動」とのこと。あーはいはい、駅前とかでよく冊子配ってるあれか。最近はバーチャル界隈にもいるのね。

もう何していいか全くわからない状況だったから、俺は彼に救いを求めた。そんで謎のアーチェリーのゲームを遊び、初プレイで12ポイントを獲得。やったぜ。

 

HMDを外して現実に帰ってきた俺は、そこで改めて自分の厳しい現状と対峙した。そういえばゲームしてる場合じゃなかったわ。

するとそのHMDお兄さんは、「カタログ持ってるから自由に見ていいよ」と言う。

あら、貴方自身が神でしたか。さっきのアーチェリーが何かの試練?なかなかお茶目なんですね。入信します。

 

そんな流れで会場の地図と信仰心を手に入れた俺は、面白そうなブースを回って数冊の本を購入。そうそう、こういうやつがしたかったんだよ。

 

その後は、元々会いたかった人たちにTwitter経由でコンタクト取って、無事に挨拶することができた。(お忙しいところありがとうございました)

 

それだけじゃない。会えるわけないと思っていた人たちにも会うことができた。

名前は出さないけど、Vtuber”本人”の人とか(最初はコスプレかと思った)、リアルアバターで有名なあの人とか。

まさか初対面の人に、「今日は解像度高いですね」なんて言う日が来るとはね。

 

その後も、「あ、Twitterフォローしてます!」みたいな意外な出会いがあったり、とにかく楽しかった。行ってよかった。ありがとうVtuber、ありがとう横浜。ありがとう世界。

 

というわけで、久々にイベントレポート的なものを書いてみた。戦利品は少ないけれど、リアルならではの体験が色々とできて本当に良かった。そういえば本って通販でも買えるしね。

もし次回があれば、今度はもっと早く行かなきゃな。

あとアーチェリーで30点目指す。

この記事をシェア↓